女性向け動画の特徴とは | 女性向けの安心して観られるエロ動画・アダルトビデオについて menu

女性向け動画の特徴とは

うつむいている女性

女性向けのアダルト動画、エロ動画を男性に見せて感想を言ってもらったことがあります。
その男性の意見はこうでした。「エロシーンまで長くない?」と。
まあ、男性向けのエロ動画って開始とほぼ同時にことを初めてしまうことが多いので、見慣れている人からすると前哨戦が長いと感じるものなのでしょう。
でも、ある意味ではそれが女性向けアダルト動画の特徴でもあります。
女性向けのエロ動画は、ドラマ仕立てのモノが多いです。そして、多くのものはドラマ部分が結構しっかり尺があります。
作中で絡みがある男女の、絡みに至るまでの関係性やシチュエーションがかなり慎重に描かれるのです。
あと前戯のシーンも長いです。ここも男性むけの作品とは異なる部分かもしれませんね。
女性には、挿入よりも前戯の方が好みという人が一定数いるので、そうしたシーンに時間を割いているのです。
また、とある動画まとめサイトでは動画の前戯シーンと挿入シーンに分割しているとか。
オススメの男優、北野翔太くんのビデオでも前戯は結構長くありますね。
長いですが観ていて決して飽きません。最近出たとあるビデオでは、音声がバイノーラル録音で収録されていました。
なので北野翔太くんが女優の耳元でささやくと、その音声が本当に耳元でささやいているように聞こえるのです。
このような工夫のある作品も増えてきたので、ぜひ探してみてください。
また、体の撮り方も男性向けと女性向けでは異なりますね。当然ですが、男性を結構重視して撮ってます。
また女性向けアダルト動画の特徴として、ちゃんと女性が感じているというのも一つの特徴かと思います。
自己投影ができるよう、工夫がされているのです。